RBBサーフシューズで夏のサーフは快適だぞ!

サーフフィッシングといえばウェーダースタイルが基本です。水に濡れないのはいいのですが、梅雨ぐらいから暑くて蒸れて不快になっちゃいます。

なので半袖で過ごせる時期から、サンダルだったり普通の靴を履いて釣りをしていました。サンダルだと砂が入って気になるし、波うち際で足の指をクラゲに刺されることもありました。

靴を履けば水に濡れないように注意しなければいけなかったり、サーフフィッシングを快適に行うことが出来るシューズがなくて困っていました。

今回紹介するのはRBBサーフシューズです。

RBB サーフシューズを履けば、水の中でも砂が入りにくく、快適にサーフフィッシングが出来そうじゃないですか!

今回はRBBサーフシューズのインプレッションを紹介します。

RBBサーフシューズの特徴。砂が入りにくい作りだぞ!

脱着式ベルト
脱着式ベルト

ハイカットシューズで足首に脱着式ベルトが装着してあります。足首のベルトを締めれば、足首からの砂の侵入はかなり防げます。

ただし、このベルトをきつく締めると歩きにくくなってしまいます。

足首もフィットする
足首もフィットする

足首はフィットするように作られていて、ベルトを脱着しない使い方もできます。これでも砂の侵入は気にならないです。普段はベルトをかなり緩めて使っています。

ニット製法
ニット製法

シューズ全体はニット製法ですが、ここから砂が入ることはほぼないです。むしろ通気性がよくて快適です。

水抜けもよくてシューズの中にタプタプと水が残ることもありません。

ニット製法なので足にフィットします。個人的には少し余裕があった方が好きですが、これは個人の好みによる部分が大きいと思います。

靴底
靴底

私が購入したのは2018年モデルです。2019年モデルとソールが違います。普通のシューズのようにサーフは歩きやすいです。

グリップ力も問題なくテトラや防波堤での釣りでも全然いけます。

ソール
ソール

驚いたのはソールです。ハニカム構造でクッション性や通気性がよく、歩いて疲れにくいです。

全体
全体

コンビニに入っても恥ずかしくないし、スポーティでデザイン的にいいね。

RBBサーフシューズで海の中に入ってみた!

サーフで使用した
サーフで歩く

この記事を読んでいる方は砂の侵入がどれぐらいなのか、気になると思います。実際に釣行した時の様子を紹介します。

水の中
水の中

夏はつかりながら釣りをすると気持ちいいですよね(笑)

このままひざ下ぐらいまで、つかりながら釣りをしています。

釣行後
釣行後

サーフでヒザ下までつかって釣行後はこんな感じ。

砂の侵入具合
砂の侵入具合

まったく砂が入らないわけではないですが、砂の侵入はかなり抑えられてます。砂が気になって不快ってことはないですね。*ベルトはかなりゆるくしてあります

RBBサーフシューズの感想

砂が入りにいくく、蒸れにくくて水の中にはいってもOK。夏のサーフフィッシングで必需品になりました。

デザイン的にもスポーティで子供と浜遊びする時にも使えて重宝しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました