【SCノット】FGノットより簡単?強力!

スポンサーリンク

SCノットはFGノットよりも簡単で結束強度が強い結び方です。

簡単とは少し誤解を招く言い方かもしれません。習得できればFGノットよりもノットを組む工程が少なくて、簡単に結べるということです。

ジギング魂さんや他サイトの検証結果では、SCノットの結束強度はなんと95%程にもなります!

強度があると、大物相手や根がかりの時に助かりますね。

肝心の習得の難易度は個人的にはFGノットと同等ぐらいの難易度だと思います。FGノットが出来ない人はSCノットの方が結び易いかもしれません。

この記事ではSCノットの結び方を解説してあります。FGノットの結び方を知りたいかたはこちら↓↓です。

失敗しやすいところはポイントとして紹介してあります。

繰り返しになりますが、習得できればFGノットより簡単に結べて強力なノットです。SCノットを習得して現場で役にたてて下さい。

スポンサーリンク

SCノットの強度と使用法

scノットの強度

結束強度95~100%

なんと95%もでます。PRノットが結束強度100%をほこりますが、ボビンホルダーを使い少しめんどくさいです。簡単なやり方で95%も出れば十分でないでしょうか。

SCノットの使用法

PEラインとリーダーを結束する結び方です。

SCノットの結び方

PEラインを2重にしてリーダーと重ねる
青:PEライン 白:リーダー

PEラインを二つ折にしてリーダーに重ねます。

PEラインを25回程巻き付ける

PEラインをリーダーに25~30回巻き付けていきます。

ポイント

・10回ごとに巻き付け部分を密になるように形を整えると、締め込む時に締め込みやすくなります。

・巻き付け部分はラインが重ならないように注意しましょう。

PEラインの輪をくぐらせる

リーダーの端をPEラインの輪にくぐらせます。

形を整える

このようになりました。

締め込みの過程が失敗しやすいポイントです。

締め込みが失敗しやすいので解説していきます。

左指でPE本線とPEの端をでつまみます。右指でリーダーをつまみ、リーダ端は口でくわえます。3方向からゆっくり、やさしく引っ張り編み込み部分を密にします。

ポイント

・力強く締め込まないようにしましょう!形を整える程度にするのがポイントです。

形を整える程度に締め込む

このようにきれいに密になればOKです。本格的に締め込むのはこの後です。

PEラインとリーダーを引っ張り締め込む

ここまでくれば後はSCノットの完成はもうすぐ!後の過程はFGノットとほぼ同じ要領です!

PE本線とリーダー本線を持って引っ張ります。飴色に変化し固くなればOKです。

しっかりできれば以下のハーフヒッチなどしなくて95%程の強度がでます。つまり完成です。

リーダーがすっぽ抜けてしまう場合はここをチェック!

・最初の過程の巻き付けをもっと多くしましょう。

・締め込み部分がきれいに密になっているか。

スポンサーリンク

しっかりできているのか不安な方は、以下のようにハーフピッチをして補強するとよいです。

ハーフヒッチで補強する

PE本線とリーダー本線を2~3回ハーフヒッチします。

焼きこぶを作る

リーダー端をカットし焼きこぶを作ります。

PE本線へハーフヒッチする

PE本線へ2~3回ハーフヒッチします。

SCノット完成図

完成です!

SCノットのまとめ

補強のハーフピッチを行わなくても結束強度95%をほこり、FGノットより素早く結べます。習得するのに少し難しいかもしれませんが・・。

SCノットはFGノット上位互換のノットと言えそうです。

FGノットの基本的な結び方とノットアシストがなくてもラインテンションを張って結びやすくなる結び方を解説したのはこちら↓↓

リーダーとスナップの接続は結束強度が強くて、結び方も簡単なパロマーノットやハングマンズノットがおすすめです↓↓

コメント

  1. 釣り初心者 より:

    ピッチじゃなくてヒッチです

タイトルとURLをコピーしました