GoPro HERO8は保護フィルム必須。純正プロテクトスクリーンのレビュー

GoPro HERO8で一番の不安はレンズカバーが交換できないことです。厚さ2㎜のゴリラガラスでカバーガラスを強化しているようですが、私の場合、釣りという過酷な状況で使用しています。

従来のGoPro7などはレンズカバーは取り外しが可能で、安価に交換することが出来ました。

しかし、GoPro HERO8ではできません。つまり、落下による破損の保険がないのです。

万が一の落下にそなえて、純正プロテクトスクリーンを購入したので紹介します。

GoPro HERO8はレンズカバーの交換はできない

GoPro HERO8をよく見てみましょう。従来のGoPro7はレンズカバーが出っ張っていて取り外し可能でした。

GoPro HERO8では全面カバーと一体型の構造となっているのが、わかるでしょうか?

下から見てみます。出っ張りがなくスリムでキレイなボディです。

ではなく!全面カバーと一体となっていますね。でもこれ、落としてカバーに傷がついたり、割れたらどうするの?

従来のGoProであればレンズカバーは交換可能でした。

GoPro8では公式HPを見ても交換レンズカバーはありません。

落下の保険がGoPro HERO8ではなくなっているのです。

GoPro公式より

バッテリードアは交換可能ですが、欲しいのはそれじゃない。

ドアがあるということは、今後、全面カバーも発売されるかもしれません。現状ではレンズカバーが割れたり、傷がついたら修理に出すしかないです。

レンズカバーの交換ができないGoPro HERO8では保護フィルムを強くおすすめします。

純正プロテクトスクリーンにした理由

レンズカバーの交換ができないので、保護フィルムを購入することにしました。

Amazonなどでは、サードパーティーの保護フィルムもあります。私が購入したのは、純正の保護フィルムです。なぜ純正にしたかというと以下の理由です。

  • クリアな視界の期待
  • 純正ならではのフィット感への期待
  • 純正という安心感
  • お値打ち価格

純正プロテクトスクリーンは指紋防止・反射防止と記載されており、クリアな視界への期待は大きかったです。

というのも以前、スマホのガラスフィルムで失敗したことがあったからです。よく調べずに量販店で購入したが原因でしょう。

スマホの画面より小さく、まったくフィット感がありませんでした。その上、ガラスフィルム越しに見る液晶は、ぼやけたような色合いで鮮やかさは皆無でした。

粗悪な保護フィルムのせいで、キレイに撮れるはずだったGoProの性能を活かしきれないのはもったいない話です。とうわけで、純正にしたしだいであります。

プロテクトスクリーンのレビュー

付属品は以下の通りです。保護フィルムが2枚でラッキーて感じでした。でも公式をよく見ると2枚って書いてありました(笑)そして、なぜ2枚かあとで理由もわかりました。

付属品
  • レンズカバー保護フィルム×2
  • 背面液晶保護フィルム×2
  • クロス

取り付け方に注意が必要

取り付けの際はしっかり位置を合わせて、落とさぬように注意して下さい。

1番のフィルムを剥がして液晶に張り付けます。1番フィルムの下はのり?(接着剤)になっています。位置が合わずに張り直そうとしましたが、なかなか外れませんでした。

爪を立てて「エイヤ!」と力技で外したら、保護フィルムが床に落っこちちゃいました。

埃だらけになってしまったフィルム

ノリの部分にホコリが沢山ついてしまい、付属のクロスで拭いてもきれいになりませんでした。1枚ムダにしてしまいました。だから、2枚付属なんですね!

厚みがあり、しっかりフィットする

0.5㎜ぐらいでした。全然うすうすじゃないですね。この手の商品は薄ければいいってもんじゃありません。スーパー極厚を凌ぐウルトラ極厚です。外で長時間プレイする私に最適じゃないですか(笑)

大きさも丁度よく、フィット感も抜群です!のりで張り付けてあるので、どんなに激しく動かしても外れることはまずありません。安心して撮影し続けられます。

クリアな視界

保護フィルムによる液晶の色合いがつぶれることもありません。

プロテクトスクリーン貼り付け前

プロテクトスクリーン貼り付け前↑

プロテクトスクリーン貼り付け後

プロテクトスクリーン貼り付け後↑

いかがでしょうか?私には変わったようには見えません。クリアな視界が確保されていることは間違いないです。

撥水性あり

雨天の撮影時でも水玉がレンズ移り込むということは軽減されそうです。

水をかけてみました。怖いのでちょっとだけですけど。画像のように撥水します。息を吹きかけるとコロコロコロと滑るように水玉が動きます。自動車のフロントガラスの撥水剤のような感じです。

まとめ

プロテクトスクリーンはしっかり厚みがあり、液晶やレンズカバーにもサイズがピッタリで流石は純正品と思わせてくれるものでした。

欠点は指紋防止コーティングをしてるようですが、残念ながら指紋はつきます。付属のクロスで拭けばOKなんで気になりませんね。

GoPro HERO8ではレンズカバーの交換ができません。保護フィルムを装着することを強くおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました