コアプロテクト(Xプロテクト)ラインローラーのメンテナンスや異音は特殊撥水グリスを

スポンサーリンク

リールで一番消耗されやすい部品がラインローラーです。まともに潮を被る部品だからです。海水からリールを守り、耐久性を向上させるために搭載された技術がコアプロテクト(Xプロテクト)です。

2014年以降のシマノのほとんどのリールに搭載されている技術であります。

耐久性が上がるとは嬉しいことですが、コアプロテクト(Xプロテクト)は注油禁止になっています。

メーカーはメンテナンスフリーを謳っているわけです。

しかし、買って間もないのにラインローラーから異音が出るトラブルも報告されています。

数年も使えばメンテナンスフリーと言っても、グリス切れになることは考えられることです。昔のように自分でメンテナンスしたい方もいるでしょう。

コアプロテクトの搭載リールのメンテナンス法や異音トラブルの解決方を紹介します。

スポンサーリンク

コアプロテクトラインローラーに注油してもよい

今ではコアプロテクトは普通になりましたが、実装当時、説明書を読んで衝撃を受けたのではないでしょうか?

ラインローラーへの注油は禁止となっていることに・・。

以前の機種や廉価版リールのラインローラーは通常のグリスやオイルを使用すればよかったです。シマノのコアプロテクトとは撥水処理することによって、水の侵入を防いでいます。

シマノとしてはメンテナンスフリーということだったんでしょうが、購入初期で異音が出るトラブルなども。

2017年頃にラインローラーのメンテナンス法として、公式動画も出るようになりました。

コアプロテクトへの注油は特殊撥水グリスを使用すればOKです。

通常、店頭で販売されている商品ではありません。釣具屋でのパーツの取り寄せになります。

注文と受け取りの2回も釣具屋に行かなければなりません。時間もかかるし、ついつい無駄な買い物をしてしまいがちです。ネットで注文するのがおすすめです。

ラインローラーを分解して特殊撥水グリスを塗る

3年程使用しましたが、特に異音などのトラブルもなく快適に使用できていました。そろそろグリス切れを起こしているかもと思い、メンテナンスしました。

15ストラディックを例にラインローラーを分解して、特殊撥水グリスを塗ります。

必要な道具
  • トルクスドライバー(T8)
  • 特殊撥水グリス

動画で見たい方はこちら↓↓

ラインローラーを分解します。ネジはトルクスネジと言って、星形の特殊なネジを使用しています。

トルクスドライバーがないと分解できないため、用意しましょう。ネジ穴の大きさはT8番です。

取り外したパーツは、取り付けられていた順に並べておきましょう。組み立て順がわからなくなるからです。

機種によっては上の画像のようなパーツではないかもしれません。

3年程使用したストラディックですが、サビの発生はありませんでした。グリスはついているのか正直わかりませんでした。

ハッキリ言ってグリス切れです。

メンテナンスフリーじゃなかった。

ラインローラーへ特殊撥水グリスを塗布します。

ラインローラーの裏側にも塗布します。塗りすぎと思われがちですが、シマノ公式動画でも裏表にグリスを塗布していたので、よいはずです。

カラー?というパーツでしょうか。こちらのパーツにも特殊撥水グリスを塗布しました。

公式動画ではこの部分への注油はしていませんでした。

しかし、よく見ると白くグリスを注油した跡らしきものがありましたので、ラインローラーの軸受けにもグリスを塗布しました。

反対側のラインローラー軸受けにもグリスを塗布しました。

パーツを組み立てて完成です。

さいごに

コアプロテクト搭載リールのメンテナンスや異音対策に特殊撥水グリスを使用しましょう。

説明書にも記載されていますが、特殊撥水グリスはスピニングリール全般に使用できるとのこと。

シマノの全てのスピニングリールに使用できます。

こちらのサイトによると特殊ネジを分解してのメンテナンスは、どうやらシマノは改造(分解)に当たると判断していないようです。

メーカーの保証も受けられます

コアプロテクト搭載リールのラインローラーの異音で悩んでいる方やメンテナンスしたい方は、特殊撥水グリスを試してみて下さい。

メーカー取り寄せのパーツですので、ネットでの注文をおすすめします。

スピニングリールのオイルやグリスの注油箇所はこちらも参考にして下さい↓↓

ロッドのメンテナンスはこちら↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました